2012年10月16日火曜日

超簡単な歩留差異と配合差異

歩留り(ぶどまり)」という聞きなれない言葉のせいか、歩留差異と配合差異がどういうものなのか、とっつきにくい印象がありました。でもじっくり時間をかけて読み解くと、なんだそんな単純なことだったのかと拍子抜けするくらい簡単でした。以下、僕なりの方法でその理解の仕方を説明しましょう。

「歩留り」の反対の意味を表す言葉を「歩減り(ぶべり)」といいます。これは、モノを作る途中で減ってしまった材料のことを言います。例えば液体原料だと蒸発したり、固体の材料でもクズが出たりしますよね。そういった諸々を歩減りと言います。逆に歩留りは、最後まで残った材料のことです。原料や材料を使いきった場合、歩留りはすなわち完成品のことなのです。

ではここで簡単な例を出してみます。1個80gのおにぎりを10個作ります。お米は1gで0.7円とします。なので単純に考えると80g×10個×0.7円=560円になりますね。でも800gで済むところを実際には900gも使ってしまったとします。すると(800g-900g)×0.7円=△70円という差異(損失)が発生してしまいました。これが歩留差異です。一応、図にするとこんな感じ。


これだけ見ると凄まじく簡単だということが分かると思います。じゃあなんで教科書だと難しく感じてしまうかと言うと、それは最初から配合差異を一緒に勉強してしまうからです。歩留差異をきちんと理解していれば、どっちがどっちだったかなんて混乱することはまずないと思います。

配合差異という言葉から、なんとなく材料の組み合わせ(配合)が関係しそうだというのは分かりますよね。いったい何の差異なのかを端的に言うと、実際歩留と実際消費の差異となります。またおにぎりを例に出して説明しましょう。

今度はおにぎりを二種類のお米を使って作ることにします。0.7円の魚沼産コシヒカリを300g(210円)、0.5円の会津産コシヒカリを500g(250円)で合計460円が標準原価です。しかし実際には0.7円の魚沼産コシヒカリを350g(245円)、0.5円の会津産コシヒカリを550g(275円)で合計520円も使ってしまいました。すると差額は60円となりますが、この60円を歩留差異と配合差異とに分けて考えることが出来るのです。そのためにはまず、実際歩留がいくらなのかを計算する必要があります。

標準原価で得た材料の量を標準歩留と言います。例に従えば、魚沼産コシヒカリが300g、会津産コシヒカリが500gで3対5の割合(配合)となりますね。全体の実際消費量にこの割合を掛けたものが実際歩留なのです。

魚沼:900g×300g÷800g=337.5g
会津:900g×500g÷800g=562.5g

これを元に図をこしらえるとこうなります。


これで完璧です。配合差異を見ると、魚沼産コシヒカリ使いすぎなのが一目瞭然ですね。ああ、なんだかお米が食べたくなってきました

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。