2012年6月30日土曜日

25日目:世界一分かりやすい売価還元低価法解説(のつもり)

今日は昼休みの時間に勉強した分をプラスして3時間の勉強でした。金曜の夜は疲れ溜まってぐったりなのが辛い。てか明日も出勤なので、なかなかビハインド埋められません(涙)。早いとこ代休取って勉強したいです。

「売価還元低価法は難しい!」という意見をちらほら見かけます。僕も勉強しながら、解法をなぞること自体は簡単でも、きちんと理解して覚えるのは難しいなという印象を受けました。個人のブログとか、Yahoo知恵袋みたいな場での解説をあれこれ読んでみたのですが、やっぱり分かりにくい。と言うか、深掘りしていくと売価還元低価法って厳密な理解はほとんど無理だってことに気付きました。むしろあまり深く考えず、これはこういうもんだと分かったつもりになっておく方が試験対策としてはベターだと思います。というわけで、以下は僕なりのざっくり解釈です。もしこれでも「分かりにくい」という人がいたら、是非ご指摘ください。

売価還元低価法に入る前に、まず売価還元原価法について理解しておきましょう。二つまとめて売価還元法なわけですが、これの目的は一言で言って「売れ残った商品の原価を売価から知りたい」ということです。なんでこんなことをするかと言うと「小売とかで商品を簡単に管理できるようにするため」です。そのために、原価÷売価で原価率を出しておいて、売れ残った商品の売価に原価率をかけなおしてやればその分の原価が出せるという仕組みになっています。ここでは世界のミクさんがネギを売る場面を想像しながら考えてみます。

「さあ、ネギを売ろうか」

[問1]


① 仕入れ値が50円/1本のネギを10本仕入れた。
② ネギを1本につき200円で売ることにした。

この条件から原価率は25%((50円×10本)÷(200円×10本))だということが分かります。ちなみにここでの200円×10本=2000円という価格をインプット売価と言います。仕入れの50円×10本=500円はインプット原価です。

③ ネギが5本売れた。

ネギが5本売れたので、売上は200円×5本=1000円となります。この時点で、5本の売れ残りが発生しました。売れ残りの売価も同じく1000円です。この売上+売れ残りの売価が、アウトプット売価です。インプット売価とアウトプット売価は同額になります。視点が異なるだけですね。

ここで先に計算した原価率25%を売れ残りの1000円にかけます。すると答えは250円。これで残ったネギの原価は250円だと判明しました。めでたしめでたし。では続いて本題、売価還元低価法について考えてみましょう。

[問2]


① 仕入れ値が50円/1本のネギを10本仕入れた。
② ネギを1本につき200円で売ることにした。
③ 【悲劇】世界のネギ市場が暴落→ネギ1本を100円に値下げ。

売価還元低価法の目的は「商品の価値がどれだけ下がったかを見る」ことにあります。それは原価率の差引で見ることが出来るのです。まず売価還元原価法の原価率はいくらかと言うと、値下げ分も加味した(50円×10本)÷(100円×10本)から50%になります。続いて売価還元低価法は値下げ分を除外した(50円×10本)÷(200円×10本)から25%です。50%-25%=25%が商品の評価損となるわけです。

④ ネギが5本売れた。

ネギが5本売れたので、売上は100円×5本=500円となります。売れ残りも同様に500円。この500円に売価還元原価法による原価率50%をかけると250円。[問1]の計算結果と同じになりました。

ところでネギは市場の暴落によって200円から100円に、つまり50%も価格が下落していましたよね。ということは、250円の原価には実は250円×50%=125円の商品評価損が含まれているということです。これを先に示した売価還元低価法による商品評価損率から見てみましょう。売れ残りのネギ500円に25%をかけてみます。すると答えは125円。想定通りの額になりました。


これで売価還元低価法の基本的な部分は理解できたんじゃないでしょうか。実際の簿記1級試験では、インプット売価の算出に値入やら値上げやらなんとか戻しやらが含まれますし、商品評価損だけでなく棚卸減耗も考慮しなくてはいけません。なので教科書では、そうした大量の情報をまるごと勉強するはめになります。そのせいで難しく感じるようになっているのではないかという気がします。でもテーマをあくまで売価還元低価法のみに絞れば、それほど理解が困難な内容ではないと思います。ざっくり理解してから、細かい部分に入っていく。 「勉強はペンキ塗り」をモットーに、効率良く理解を深めていきましょう。

本日の勉強時間 3時間
商業簿記・会計学 総勉強時間 55時間
工業簿記・原価計算 総勉強時間 37時間
合計勉強時間 92時間 (目標未達 13時間)

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。